• ユーザーの課題を解決する
    新しい事業・体験を創りたい

    アジケは事業共創のパートナーとして、
    DXを含むデジタル戦略のコンサルティングから、プロトタイピングによる市場価値検証まで
    UI/UXデザインのアプローチを取り入れた包括的な課題解決を支援します。

  • Problems to solve
    解決したいこと

    新規事業0 - 1

    事業創出・検証フェーズ

    • ユーザーにとって本当に価値のあるサービスを創りたい
    • デザイン思考やUXの視点を事業に取り入れたい
    • 構想中の事業を、デジタルプロダクトとして具現化したい

    既存事業1 - 100

    事業検証フェーズ

    • 既存事業のサービスやコア体験をより高めたい
    • ユーザーの課題を再定義したい
    • ユーザー視点を取り入れて、プロダクトを再設計したい
  • アジケがお手伝いできること

    1. 事業の課題を正しく捉え、本質的な価値を創る

      double-diamond

      ゼロイチの事業創出や拡大フェーズにおける大きな改善を相談いただく段階では、プロジェクトメンバー各々は抽象的なイメージに留まっていることが少なくありません。

      アジケはUXデザインパートナーとして「正しい課題を見つける」、「正しい解決策を創る」という2つの枠組みで事業を捉え、デザインプロセスを通じて本質的な価値創造を支援します。

      また、「だれに」「なにを」「どのように」届けるか、同じ視座と熱量を持って明確にしていきます。事業への想いや事業構想、ビジネスモデルを理解するところから、実際にサービスの方針やコンセプトの策定、そしてプロダクトとして具現化するまで、一貫したチームで支援します。

      収束と発散、検証のサイクルを通じて得られる成果は、従来のデザインプロセスとは違い、確度高くユーザー・事業の課題解決にアプローチします。

    2. ユーザー体験を可視化するためのストーリー設計

      ユーザーは、プロダクトに触れるときだけに限った「点」の体験だけではなく、それ以外の行動も含めた「線」のストーリーによって体験を形成します。

      カスタマージャーニーやサービスブループリントといったUXデザイン手法を活用することで、オンライン、オフラインを跨いだストーリーを可視化し「どのような接点やアプローチが必要なのか」を明確にすることができます。また、ユーザー体験とプロトタイプを俯瞰的に設計・繰り返し改善することで、効果的・継続的に体験を向上させていくことができます。

      こうしたアプローチにより、プロダクトだけでなく、全体のサービスオペレーションやブランディングを踏まえた、包括的なユーザー体験をデザインすることができます。

      カスタマージャーニー
    3. プロダクトの体験価値を最大化する

      一つのチームとして対話や議論を重ねていく中で、再定義されていくストーリーや届けたい価値。

      それらを最も伝わりやすく、そして最も必要とされる形でユーザへと届けるためには、そのアイデアを最低限価値が発揮できる状態(=プロトタイプ)として実際の利用シーンで試験し、受け取ったフィードバックを元にプロダクトとして形にしていくことが重要です。

      アジケは、デザインツールを用いたアプリ〜Webのプロトタイピングから、ときには実際の店舗を舞台にしたサービスのプロトタイピングまで、各種実績があります。これらを複合的に組み合わせていくことで、本来存在している事業の価値を、プロダクトとして最大化できるよう支援いたします。

  • アジケがお手伝いできること

    1. 事業の課題を正しく捉え、本質的な価値を創る

      double-diamond

      ゼロイチの事業創出や拡大フェーズにおける大きな改善を相談いただく段階では、プロジェクトメンバー各々は抽象的なイメージに留まっていることが少なくありません。

      アジケはUXデザインパートナーとして「正しい課題を見つける」、「正しい解決策を創る」という2つの枠組みで事業を捉え、デザインプロセスを通じて本質的な価値創造を支援します。

      また、「だれに」「なにを」「どのように」届けるか、同じ視座と熱量を持って明確にしていきます。事業への想いや事業構想、ビジネスモデルを理解するところから、実際にサービスの方針やコンセプトの策定、そしてプロダクトとして具現化するまで、一貫したチームで支援します。

      収束と発散、検証のサイクルを通じて得られる成果は、従来のデザインプロセスとは違い、確度高くユーザー・事業の課題解決にアプローチします。

    2. ユーザー体験を可視化するためのストーリー設計

      ユーザーは、プロダクトに触れるときだけに限った「点」の体験だけではなく、それ以外の行動も含めた「線」のストーリーによって体験を形成します。

      カスタマージャーニーやサービスブループリントといったUXデザイン手法を活用し、オンライン、オフラインを跨いだストーリーを可視化しどのような接点やアプローチが必要なのか」を明確にすることができます。また、ユーザーの体験とプロトタイプを俯瞰的に設計・繰り返し改善することで、体験を向上させていくことができます。

      こうしたアプローチにより、プロダクトだけでなく、全体のサービスオペレーションやブランディングを踏まえた、包括的なユーザー体験をデザインすることができます。

      カスタマージャーニー
    3. プロダクトの体験価値を最大化する

      一つのチームとして対話や議論を重ねていく中で、再定義されていくストーリーや届けたい価値。

      それらを最も伝わりやすく、そして最も必要とされる形でユーザへと届けるためには、そのアイデアを最低限価値が発揮できる状態(=プロトタイプ)として実際の利用シーンで試験し、受け取ったフィードバックを元にプロダクトとして形にしていくことが重要です。

      アジケは、デザインツールを用いたアプリ〜Webのプロトタイピングから、ときには実際の店舗を舞台にしたサービスのプロトタイピングまで、各種実績があります。これらを複合的に組み合わせていくことで、本来存在している事業の価値を、プロダクトとして最大化できるよう、支援して参ります。

  • こんなメニュー(手法)を提供します

    こんなメニューを提供します

    プロジェクトに適した最適な手法を選択し、オーダーメイドで課題解決を行います。

    1. 顧客発見(ユーザーリサーチ)と価値検証
    2. カスターマージャーニー作成と現状分析
    3. ユーザーシナリオ/ユーザーストーリー策定
    4. As-is/To-beモデルを用いたギャップ分析と価値仮説立案
    5. ペルソナ設計
    6. プロトタイプ・モックアップ作成
    7. サービスブループリントを活用したプロセス設計
    8. ビジョン/ステートメント策定・ブランディング
    9. アイデア発想やコンセプト策定のためのワークショップ
    10. UI/UXデザインに伴う包括的なプロジェクトマネジメント

move people.