UIデザイナーコーチングプラン

デザイン思考とUIデザイン基礎力コーチング

Clientグリーンモンスター株式会社

講義・実践・面談のサイクルを回す 3ヶ月間のデザインコーチング

組織としてプロダクトの品質やユーザー体験を向上させるため、インハウスデザイナーを対象としたコーチングを実施。

デザイナーとして必要な基本のマインドセットからスキルセットまでを、講義とワークショップの全4回のプログラムで実施しました。

また、3ヶ月間のコーチング期間では、インハウスデザイナーを対象に1on1面談を実施し、キャリア相談やスキルに関する課題へのフィードバックを行い、最後にご自身のスキルの現在地を内省し、今後の目標とアクションの設定を行いました。

 

Solution

コーチングの目的は「プロダクト品質を向上させること」。

チームとして強くなり、よりお客さまに喜ばれるサービスを提供するためにインハウスデザイナーの方を対象として3ヶ月間のコーチングのご相談をご依頼いただきました。

 

デザイン思考を含むマインドセットの講義

UIデザイナーに必要なスキルとして、デザインスキルとコミュニケーションスキルの2点の講義を実施。デザインスキルについてはJesse James Garrett氏のUX5段階モデルを活用し、表面のデザインだけではなく、骨格や構造などプロダクトを支える根底のスキルについての講義を実施。また、コミュニケーションスキルでは、物を作るスキルだけではなく「ヒアリング力」「理解力」「提案力」を切り口とした「チームでのデザイン」や「論理的なデザインアプローチ」のスキルをレクチャーしました。

 

 

実践的なオブジェクト指向UI設計の講義とワークショップ

マインドセットの講義を踏まえて、オブジェクト指向UI設計についての基礎的な講義から実践形式のワークショップを実施。ユーザー体験を実現するための構造〜骨格のデザイン領域についてインプットとアウトプットのサイクルを回すことで、「知っている」状態から「実践できる」状態へのスキルアップを行いました。

 

 

第三者からのフィードバックで現在地を知り、次のアクションにつなげる

講義によるインプットとアウトプットだけではなく、月1回の受講生との面談によってご自身の現在地を認識し、実務ベースでのアクションにつなげるコーチングを実施。

3ヶ月間で「内省による気付き」とコーチからのフィードバックによる「外発的な気付き」、「行動の結果による気付き」のサイクルを回し、一過性で終わらないスキルアップを図りました。

 

 

Output/Result

3ヶ月間のコーチング後のグリーンモンスターさまからのご報告では、受講生ご自身の考え方や動き方、チームや組織に対しての行動に変化が表れ、チームメンバーの方とのコミュニケーション改善やプロダクト品質の向上につながっているとの声をいただきました。

 

 

Project overview
制作期間
2021年10月 ~ 2021年12月
メンバー
UI/UXデザイナー 2名
使用ツール
Googleスプレッドシート/Googleスライド/Figma/Miro

Other Work

他のプロジェクト