ajike switch

UXデザインに関する記事を週一で更新していきます。

banner

はじめまして。

ということで、1月からインターンをしている富樫です。今日は簡単な自己紹介の記事を書こうと思います。

私はUXデザインを知りたいと思い、アジケに入りました。普段の業務ではペルソナやジャーニーマップのたたきや、ワイヤーフレーム作成などをしています。

インターンですが、割と歳とっていて23才で4月から大学5年生です。学生時代、特に何もすることなくぼーっとしていていた結果、どこにも就職できなかった私。

そんな私を受け入れてくれたアジケ。これはもうブログを書くことで恩返しするしかない!と思いました。

今日からハイペースで更新していきたいと思います。

なぜUXデザインか。

UXデザインに興味を持った理由を簡単に言います。元々私はビジュアルのデザインに関してスキルがあるわけではなく、でもWEBは作ってみたい。なので、手を動かす側で追いつくより、戦略的にプロダクトを考える方を強みにしていこう。そう思ったからです。従来はそこでディレクションやマーケティングという位置に目が向くことが多かったのかもしれませんが、ちょうどUX自体が流行っていて、なんかかっこいいなと思ったのがシンプルな理由です。

UXデザインについての概要は以下の記事が分かりやすいです。

ユーザーエクスペリエンスデザインってなんだろう?5分でざっくりわかるUXデザインの解説―ajike switch

どんなところがおもしろいか。

いかにしてユーザーの生活に馴染むプロダクトを作れるかといった、成果を出す上での本質的な部分を追求する過程がおもしろいです。何か自分や仲間と新しいことを始めるときってわくわくしませんか?

UXデザインの知見があると、WEBを制作するだけでなく、サービス設計の最初の段階から携わることができます。スタートアップの熱いお客さんと共に、一からサービスを作っていく。私の中でそこが働いていて楽しいと思うところです。

UXデザインの記事を書いていきます。

私は先日、ajike switchのUXカテゴリに週一で記事を追加していくというミッションを与えられました。

日々感じたUXについてのあれこれ、UX関連書籍の感想、参加したワークショップのレポート、あるいはインタビューなども載せていければいいなと思います。

UXデザインは特別な能力も、センスも要りません。WEBについての知識もあまり関係ないと思っています。WEB以外にも応用可能な考え方だからです。

あなたの携わるサービスやプロダクトの先にユーザーが存在しさえすれば、覗いてみる価値はあると思います。

私と一緒にUXデザインを学んでいきましょう!

servi

ajike switchの更新をメールでお伝えします!

8年以上ajikeが蓄積したデザイン思考とUXデザインの知見を発信し続けるブログ<ajike switch>の更新情報を無料でメールにてお知らせ致します。

×