ajike switch

GoogleAnalyticsで「LINE@」のユーザー数を増やすA/Bテスト(グロースハック2日目)

お久しぶりです。ディレクターの柴宮です。
先日の私めのブロググロースハック1日目では1. AARRRモデルを理解する。2. 目的(KGI)、戦略(CSF)、目標(KPI)の設定。3. 施策案検討、検証方法選定。ということで、PDCAの主にPlanの部分を解説させていただきました。
今回は、Do, Check, Actionの部分の結果報告と反省などを書かせていただこうかと。

目次

  1. 実施案ご紹介
  2. わかりやすく検証するために
  3. 結果報告
  4. 2日目の終わりに

実施案ご紹介

今回実施したものは、ちょっと特殊なサイトでPVが増えればCVRが増えるといった性質を持っており、オンラインでPVを増やすためにLINE@のユーザーを増やすことをKPIとして設定しました。
なおスマホでのアクセスがPCと同等の数を持っており、しかしスマホサイトではLINE@への導線がとてもわかりずらかったので、TOPページのファーストビューに持ってくるようにしました。
A/Bテストは施策として取り入れたかったため、A「LINE@の有用性」/B「LINE@で配信している内容」という訴求の違いで行いました。
A/Bテストのやり方は、弊社グロースハックチームの中川のブログ「はじめてのA/Bテスト Part.1【グロースハック実践】」もしくは山本のブログ「ABテストをトラフィックが少ないサイトでする際の手法 その1」をご覧下さい。

わかりやすく検証するために

今回の検証ポイントとしては、TOPページのUU, LINE@登録への導線(A/B)クリック数, LINE@登録ページのUU, LINE@登録人数ということで、先日の私のブログの通り、UUはGoogleアナリティクスの数値、ボタンクリックはイベントを設定し計測することとしました。

が、検証ポイントが複数あり、なおかつ高機能なGoogleアナリティクスではその数値を見るにも一苦労…覚えてなければ最悪辿り着けない…ということで、マイレポートを設定することにしました。設定方法は以下を参考にさせていただきました。

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/11/21/16461

必要な項目だけを一目で見られるように設定できます。Googleアナリティクスにそこまで詳しくない私でも分析が楽に行えるようになりました。

google_analytics78_04m

設定する時にちょっとだけハマったところは、設定したい項目は決まっている(今回であれば特定のボタンクリックなど)ですが、Googleアナリティクス項目多過ぎェ…ということでしたが、以下画像のように検索でイケる!ということに気付いた33歳。以下、Google公式のアナリティクスヘルプで検索&実際にマイレポートで設定する時に検索で簡単に設定できました。

https://support.google.com/analytics/answer/1068216?hl=ja
スクリーンショット 2014-03-03 15.51.19

結果報告

結果としては、結構いい数値になりました。施策前のTOPページからLINE@ページのUUの率が5%だったものが10%に!(初回で何もデータがない状態だったので、7.5%を目標にしていました)
今までLINE@登録数が倍増しました!

しかしながら、A/Bテストで訴求を変えたバナーのクリック率はというと…

スクリーンショット 2014-03-03 16.07.00

ここは完全に私の勉強不足ですね…A/Bテストの鉄の掟として、似たようなクリエイティブは絶対に避けるべきとKaizen Platfomの須藤社長も仰ってますね。

http://www.find-job.net/startup/growth-hack-method-of-KAIZEN

2日目の終わりに

一通りPDCAをまわしてみて、クリティカルな部分をまとめました。

    1. 設定項目の数値のみわかりやすく追う
    2. A/Bテストは似たようなクリエイティブは避ける(鉄の掟)
    3. LINE@の管理画面超わかりやすい!

以下に貼って起きますが、LINE@の管理画面超わかりやすいですね。あとは、リファラー機能があれば完璧なんですが…今回、LINE@の登録への導線がスマホサイトだけでなく、PC, オフラインなどもあったので、スマホサイトからはクリック数、LINE@の管理画面で率から推測する結果となりました。

スクリーンショット 2014-03-03 16.06.19

グロースハックにおいて特定の数値のみを追って他の数字を見ないという掟がありますが(煩雑になる、規定しきれない他の数値で推測・主観が発生する)、今回は私が特定の数値のみを追って、サイトの担当者さんが大きい数値(KGI, LINE@など)を追うという役割分担で結果の推測(ここではあえて)と次回施策の目星を付けることができました。
結局、推測→実施/検証→推測のくり返しなので、あまりに的外れな推測以外は全て検証しようということでございます。

 

PR
アジケでは2014年より事業部のひとつとして「グロースハック(Growth Hack)」事業部を立ち上げました。サイトやサービスを成長させていきたいというご要望にお応えします。是非お問い合わせください。
planGH(グロースハック)| 株式会社アジケ
planGH(グロースハック)| 株式会社アジケ

servi

ajike switchの更新をメールでお伝えします!

8年以上ajikeが蓄積したデザイン思考とUXデザインの知見を発信し続けるブログ<ajike switch>の更新情報を無料でメールにてお知らせ致します。

×