ajike switch

お世話になりました!1年間アジケでアルバイトをして得たこと

Green25_uriage20141123154335500

社長「ねえ、バイト延長しようよ」

自分「フッフッフッフッフ」

この数週間、こんなやりとりをさせてもらっていました(笑)

 

去年の2月からアジケでアルバイトをしていました。尾方です。

その感想や、まとめをブログで書かせて頂きます。

まず簡単に自分のことを紹介。

現在、青山学院大学の4年で、2015年の3月に卒業します。

卒業後は、沖縄の古宇利島で働きます。

アジケに入る前からWeb業界志望ではありませんでした。

アジケに入る時、特別なWebのスキルはありませんでした。

以上。

 

そんな僕がアジケで働くことに決めたのは、発信する力をつけたかった。

基本的なWebの知識、生きたWebの知識をつけたかったから。

そんな理由です。

卒業した後は古宇利島へ行くと決まって、残りの東京生活をより東京らしくしたい。とか

普通の会社には就職しないからこそ、アルバイトでそういう経験をしてみたかった。とか

そんな理由もありました。

そんなところからスタートした僕ですが、今日までにいろいろなことを経験させて頂きました。

その中から抜粋して紹介します。

【Cherish】

アプリ開発のアシスタント。“トレンド女子の本命フリマアプリ”を手伝いました。

自分が1番活躍したのは、バグの報告です。

制作を1から見てきた自分はこのアプリの仕様について理解がありました。

その為、アプリのバグを発見しては技術者へ報告。と繰り返し行っていました。

少しカッコつけて言うと、

アプリがリリースされるには欠かせない仕事のひとつを担いました。

このアプリも実際のApple app storeで目撃した時はとても嬉しかったです。

自分がしっかりと携わった案件の中では初めてリリースした瞬間は気持ちよかったなあ。

 

2014-12-18 17.57.22

 

【美眉総研】

美眉総研は、眉に関するトレンドや眉で美しくなるための情報を発信するスペシャルサイトです。

こちらは、サイト制作のアシスタントと、更新作業のディレクション業務を手伝いました。

実際にお客さんとのやりとりをしていたので、Web制作のフローなどが把握できたと感じています。

2014-12-18 17.58.07

【介護のほんね】

UXについての知見を深める案件にも携わりました。

自分は携わったとまではいかず、会議に同席させてもらった様なものなのですが、

会議で話し合っていた内容ができあがっていく様子を見ていると、UXデザインの制作を間近で体感できたのは非常に貴重な経験だったと感じます。

2014-12-18 17.57.52

僕はこれからの人生、楽しみだな〜と思っている22歳です。

4月から古宇利島でがんばる!と、覚悟も決めました。

だけど、アルバイトをやめるのがとっても寂しく思います。もっと働きたかった。

そう思えるところで働けてよかった!!と思います。

アジケでインターンなど考えてる皆様、

自分はWeb業界志望ではないので、なんと言っていいのかわかりませんが、

とりあえず少し働いてみたらいいかと思います。

banner

servi

ajike switchの更新をメールでお伝えします!

8年以上ajikeが蓄積したデザイン思考とUXデザインの知見を発信し続けるブログ<ajike switch>の更新情報を無料でメールにてお知らせ致します。

×