ajike switch

制作会社は抑えておきたい。スマホの購買行動データ2013初夏

アサツーディ・ケイがスマートフォン普及による生活者の購買行動をテーマとした調査データを発表しました。

http://www.adk.jp/html/news/20130507.pdf 

制作会社としてもこのスマホの購買行動はしっかりおさえておきたいところであります。
大まかな内容はレポートにしっかりと書かれてありますので参考にしつつ、自分の中でまとめておきたい点などを咀嚼しておきます。

◆商品ジャンル別、店頭情報検索の目的・検索先と検索後の行動

tumblr_inline_mmtitsjf791qz4rgp

ジャンル毎に検索の目的を確認している点が非常にいいデータです。

検索後の行動に「安心してその場で購入」が3つのジャンルで1位になっております。制作会社としてコンテンツの企画や各媒体との連携を考えるときは、どうすればユーザーに安心(信頼)してもらえるかという軸のコンテンツを用意したいものです。

◆モバイル通販1回あたりの購入金額

tumblr_inline_mmtiui7FlV1qz4rgp

2009年から2012年にかけて、購入金額の平均が上がったというデータ。「やっぱガラケーよりスマホだよね!」というのではなく、モバイルでの購買行動について心理ハードルが下がった人が増えたと見るべきでしょうか。

◆モバイル通販で購入する商品

tumblr_inline_mmtiuqYE0Z1qz4rgp

このデータではどの商品の売上が上がって、どの商品が下がったのか?を把握したいところです。
上昇:「衣類・靴」「家電」
下降:「CD・ソフト」「雑誌・書籍」「ゲームソフト」「医療・サプリ」
と書いてみると、デジタルコンテンツとして代替することが難しいものは上昇しているといえるでしょう。
一方、デジタルコンテンツに置き換え可能なものおよび法規制が入ったものは下がっていると見えるのではないでしょうか。

◆スマートホンで入手したクーポンに関し、経験があること

tumblr_inline_mmtivy3wWW1qz4rgp

クーポン状況についてはこんな感じ。
n=673 &20歳〜39歳男女の調査データなのでそこは考慮しないといけませんが、個人的にスマホのクーポンを利用(活用)したことが1度でもある人が50%を超えていることがけっこう驚きです。
スマホクーポンは見込み客に対して、初回来店を促すためのクーポンは有用性があると考えていいでしょう。

◆スマートフォンを使ったお見せや飲食店とのつながり

tumblr_inline_mmtiwbP8FI1qz4rgp

一方で見込み客を獲得した後にどういうフォローアップがされているのかを示したデータがこちら。
n=673 なので、ひとつ上のデータと同じ人たちの回答データだろうが、SNS よりもアプリ、メルマガでつながっているというのが興味深いです
飲食店のアプリってなんでしょうね?
ぐるなびとかのことを指しているでしょうか。
そして、フォローしている SNS の種類は LINEが一番。(n=150 だけど)
クーポンによる新規顧客獲得とそのまま既存顧客をフォローアップすることができる LINE@ のサービス思想&需要はまだまだ伸びるではないでしょうか。

◆まとめ

制作会社がつくるものは、原則、お客さんの売上につながるように考えられている必要があります。
依頼された商品やサービスの何がいいのかをしっかり見極め、それに対してどういうアプローチをするか?なぜそのコンテンツや UI がささるのか。こういうデータも見極めながら、戦略から制作までしっかり落とし込んでいきたいものです。
アサツーディ・ケイさんありがとうございました。
servi

ajike switchの更新をメールでお伝えします!

8年以上ajikeが蓄積したデザイン思考とUXデザインの知見を発信し続けるブログ<ajike switch>の更新情報を無料でメールにてお知らせ致します。

×