サービス開発

事業ビジョンやビジネスモデルを深く理解した上で、サービスやプロダクトのデザインを行います。

「Creation サービスデザイン/プロダクト開発」は、事業ビジョンを具体的で実現可能な形に落とし込んでいくためのメニューです。
ひとつのプロジェクトとしてクライアントのチームに私たちが参画させていただき、サービスデザインやプロダクトの開発を支援します。
オンライン・オフラインを問わず、様々なタッチポイントを包括するサービスを対象者が気持ちよく行き来できるよう体験をデザインします。

こんな課題にアプローチします

・事業構想はあるが、具体的にどのようなサービスにすべきか一緒に考えてほしい
・構想中のサービスがあるので、デザインパートナーとして参画してほしい
・事業やサービスのユーザー体験を向上させたい/改善したい
・UXデザインやUIデザインのパートナーがほしい

1. 構想をサービスに具現するためのプロセス設計

サービスコンセプトやビジネス戦略の段階から、どのようなプロセスを経てサービスを実現するかをイメージし、先導できる企業は多くありません。
効率性、効果性を鑑みた上でプロセスを設計することは、多数の事業開発に携わってきたアジケだからこそできる大きな強みになっています。

2. すばやく検証するためのプロトタイピング

UI/UXの課題の多くは、目に見えるプロトタイプができた段階で明確になってきます。
机上の設計に時間をかけるのではなく、プロトタイプをすばやく作り、触れながら検証・改善を行うことで、軌道修正を許容しながらサービスの精度を高めることができます。

3. デザイナー、エンジニアによるプロダクトの開発

ajikeには、デザイナーやエンジニア等のクリエイターが多く在籍しています。
世に出すものを実現できることが我々の強みであり、だからこそ事業に愛着をもって接することができています。
常に最新のビジネスや技術に目を向け、高品質のプロダクトを輩出する。ajikeにはそのノウハウとメンバーが揃っています。

提供するサービス内容

・プロセス設計
・ユーザー調査、顧客開発
・UXデザイン、仮説の可視化
・プロトタイピング
・コンセプトデザイン
・IA、UIデザイン
・フロントエンド実装
・バックエンド実装
etc..

サービス内容など気になる方は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ お問い合わせ

Case study

実例のご紹介

事業会社のデザイン組織づくりをサポート

Client / Service
メディア運営企業

事業会社のデザイン組織づくりをサポート

Problem / Want
・事業戦略としてデザイン組織を強化したい
・デザイナーの評価設計、外部視点として指針の明示、成長支援をしてほしい
Solution
経営層との定例会議に参加 /デザイナーの評価制度設計 / 1 on 1 によるマネジメント /プロダクトの成長戦略の立案、方針の策定
Client / Service
メディア運営企業

クライアントは複数のメディアを運営している企業です。ご相談をいただいたタイミングで経営層から年度方針をご説明いただきつつ、それを踏まえてデザイン戦略の立案と体制整備をご依頼いただきました。ajikeはデザイン組織をつくること(支援すること)を担当しました。
経営層とデザイナーは考え方や普段話すことばも異なります。その間を通訳しながら事業とユーザーの成功はどこを達成すればいいのか?目指す方向を確認しながら、各所で会議や1on1を行うことで相互理解を深めました。 また、デザイン戦略を実現させるために評価制度の設計支援、クリエイターにはビジネス目標を達成するための目標設計支援などを行いました。
その結果、デザイナーチームの視座が変化し、ビジネスとユーザーのどちらも満足させるために自分たちは何をつくるべきか?をの言語化に成功。チーム全体が向かう方向がわかり、プロダクト改善の基盤エンジンにすることができました。

サービス提供開始後のユーザー体験を分析し、体験向上を実現するワークショップ

Client / Service
UCC上島珈琲株式会社

サービス提供開始後のユーザー体験を分析し、体験向上を実現するワークショップ

Problem / Want
ローンチ後のユーザー体験を分析し、チームで共通認識を持ってサービスの体験を向上させたい
Solution
ワークショップ
Client / Service
UCC上島珈琲株式会社

クライアントと開発会社を含めた3社合同でのワークショップを開催。各社混在したチームに別れ、初期フェーズから現在までのUXデザイン資料やデザインを見ながら、当初想定したペルソナやストーリーとリリース後の実際のユーザーの行動を比較し、課題点や改善点をブレストしました。
1年半を超える長期のプロジェクトのため、途中から参加したメンバーも多く、サービス理解と課題感の認識合わせの機会としてもとても効果がありました。
実施後は、各課題やアイディアを分類し、優先度付けを行いながら、どんな手段で実現するべきかを定義し、具体的な施策へと進行していきました。ワークショップで出たアイディアは随時リリースされ、課題に対して効果を発揮しています。