TEAM

組織体制

DIVISION

事業部

組織体制は、経営方針・事業ビジョンに基づいて決定しています。
体制の見直しは基本的には年1度ですが、状況に応じてスピーディーに体制を組み替える場合もあります。

UXデザイン事業部は、クライアントと事業を”共創"することを目標とした事業部です。今まで、多くの事業デザインやサービスデザインのプロジェクトに取り組んできました。お陰様で、検索や口コミでajikeを知った方からたくさんの問い合わせを頂くようになりました。と同時に、より高度なスキルが求められるようになっています。
私たちが取り組むUXデザインは、オンラインでの行動はもちろん、オフライン(リアル)の行動デザインや、それに伴うアウトプットまで範囲を広げています。オンライン、オフラインをシームレスに繋ぐUXデザインの組織的なアプローチに挑戦しています。

新規事業部は、文字通りあたらしい事業をつくることを目的とした事業部です。事業をつくる時はクライアントに提案して共同事業として始めることもあれば、スタッフが自ら提案して事業をつくることもあります。
特徴的なのは、「ajike Next Standard(ANS)」という仕組みがあることです。我々の行動指針に「次のスタンダードを考えつくる」というものがあります。この行動指針を体現する仕組みとしてANSを活用し、味気ある世の中をデザインすることに挑戦しています。

FOR
SKILL AND
CAREER

職種別チームでの取り組み

職種別にチームがあり、スキルアップを目的とした知見共有や勉強会/WSの他、スキルやキャリアに対するマネジメントをそれぞれ自由な発想で行っています。

ajikeのディレクターは、UXデザインを組織的に取り組むためのリーダーとしての役割を担っています。UXデザインのノウハウは、会社に蓄積されてきていますが、ノウハウをどう活用するかはディレクターの腕にかかっています。正解が見えない状況の中でどのような地図を描き、いかにチームを動かし、舵取りをしていくのか。ajikeのディレクターには高度な想像力と判断力、マネジメント力が求められます。

ajikeのデザイナーは、『機能的かつ情緒的なデザインにより、ユーザーにとってサービスの価値を高め、プロジェクトごとの最適なゴールを達成するデザイナー』を目指しています。一人一人が常にユーザーやサービスに真剣に向き合いながら、日々プロジェクトに取り組んでいます。またチームの取り組みとして、UXデザインやUIデザインに関するWSや勉強会を行ったり、noteに自分たちの知見を書き綴ったりと、スキルアップのための取り組みを月に数回行っています。

ajike のエンジニアは、『誰かのためのコード、みんなのためのコード』という意識で、ソースコードではなく「人」と相対することを心がけています。我々にとって技術はあくまでも手段であり、ユーザーに何をどう届けるのかを常に意識して実装に取り組んでいます。また、技術に加え個人のキャリアに合わせて周辺分野の習得を推奨し、デザイン思考の基本となるインターディシプリナリー(異分野連携)チームを構成できるよう努めています。

JOB LIST

募集職種一覧

「募集中」の職種へのみご応募いただけます。
各職種の実務経験・スキルがある方は、キャリア採用の表示がある職種にご応募ください。希望の職種での経験がない方は「未経験OK」の職種にご応募ください。

PM/UX DESIGNER
  • アシスタントUXデザイナー/ディレクター
  • シニアUXデザイナー/プロジェクトマネージャー
  • UXデザイナー/ディレクター
UI DESIGNER
ENGINEER

※ご応募に関するご不明などがございましたら、お気軽にrecruit@ajike.co.jpまでご連絡くださいませ。


面談やオフィス訪問をご希望の方は
こちらよりお問い合わせください。

CONTACT

ご応募はこちらよりお願いいたします。
職種の選択は応募ページでからでも可能です。

ENTRY