STYLE

文化・制度

CULTURE

価値観・特徴

企業文化と特徴について、社員から意見を集めました。

トライアンドエラーできる
やりたいと思ったことに挑戦しやすい環境。例えば、「新しいツールを導入して開発フローを効率化したい!」「エンジニアだけどUIについて深く学びたい」など、個人の意見に耳を傾け、実現できるよう周囲もバックアップしてくれる。
職種に縛られない
共通の価値観として、専門スキルは目的を達成するための「手段」だと考えている。目的を達成するためには、職種の領域に捉われることなくプロジェクトを理解し、アイデアを出し合い、チームプレーすることを大切にしている会社だと思う。
情報がオープン
意識的にオープンマインドという思想が定着している。殆どのドキュメントがオープンだし、社内での情報共有も盛んだと思います。
社員を大切にする
中途で入社したメンバーから「人を大切にする会社」とよく言われる。よくもわるくも人として向き合い、一緒に挑戦や失敗をしながら人として成長していけることに面白みを感じている人が多いからだと思う。
早くから活躍できる
チームプレーで仕事をする環境なので、周囲のサポートを得ながらすぐに現場に参加できる。また年齢やキャリアに関係なく実力や成果で評価されるので、頑張り次第でどんどんチャンスが広がる。
会社や事業は自分たちでつくっていく
スタッフの声やアイデアで会社の仕組みや制度や事業が変化していくし、それを必要なこと、大事なことだと捉えている会社だと思う。
帰宅が早い
基本的にみんなスケジュール管理やタスク管理をしっかりやって早めに帰宅している人が多い。家族の時間や趣味、勉強などに平日時間をつくる努力をしている人も多い。
上流工程から企画・提案する
事業をデザインする、サービスを生み出すといった抽象度の高い仕事が多く、ブロダクト開発の大分手前から仕事に携わることができる。
事業開発の中核に携わる
対峙するのは事業の中枢にいるプロジェクトメンバーの方々。ビジネスとしての成果を「ユーザーの体験を考える」というポジションから支援することができ、大変だがやり甲斐がある。
互いを尊重する
あまり「自分が自分が」という人がいない。相手を理解しようと努めたり尊重できる人が多い。
仕事に裁量(責任)がある
クライアントに対して色々と提案する機会も多く、決められたことをやればいいというシーンはほぼない。その分責任やプレッシャーを感じることもあるが、チームで議論しながら様々なアイデアを試すこともできる。
変化とスピードがある
小さな会社なので意思決定や変化がスピーディ。またデザイン思考を体現するように「やってみてどうか」という試行錯誤の態度で会社が動いている。

ATTEMPT

制度・取り組み

多くの社員が「つづけたい」と成果を感じている取り組みを制度化し、運用しています。

全体共有会
月に一度全社員が集まり、各事業部やチームからの進捗共有や、プロジェクトで得た知見共有、経営からの情報伝達などを行います。互いに顔を合わせながら情報や意見を交換し合う貴重な機会となっています。
全体飲み会
月に一度の共有会後は、全社員で夕食兼飲み会に向かいます。定期的に「区切り」を設けること、慰労とざっくばらんなコミュニケーションを目的としています。
情報開示
評価や給与などの個人情報を除き、基本的に情報はオープンです。各MTGの議事録やドキュメントを通じて、社内でどのようなことが起こっているのか理解し、把握しながら動くことができます。
ANS
ANSはajike next standardの略称。新規事業を創出するための機会であり、制度です。
事業アイデアのある社員がプレゼンし、審査に応じて予算が着いていく仕組み。破れたアイデアにはフルスイング賞が、選ばれたアイデアには経営のFBやバックアップがつきます。
コーヒーブレイク
週2回、簡単な3時のお茶を楽しむイベントです。息抜きをすることで気分がリフレッシュされるだけでなく、ちょっしたコミュニケーションにも役立っています。
社内副業制度
知見の情報発信など会社を支えてくれるアクションに対し、感謝の気持ちを形として返す制度です。主にPVなどを一定のルールで金額に換算し還元しています。
社員旅行
年に一度は社員旅行に出向いています。まとまった時間をとって全社MTGも行いますが、社員の慰労も大きな目的です。メリハリをつけて、美味しいご飯や温泉、観光なども楽しみます。

面談やオフィス訪問をご希望の方は
こちらよりお問い合わせください。

CONTACT

ご応募はこちらよりお願いいたします。
職種の選択は応募ページでからでも可能です。

ENTRY