Member’s voice

サービスの成長に
コミットするために
「少し背伸びして挑戦
する」開発を

エンジニア歴3年 フロントエンドエンジニア

Q. ajikeを選んだ理由を教えてください。

自分は中途入社だったのですが、前職がドクターのキャリアコンサルティングという全くの畑違いでしたので、エンジニアとして一から成長できる会社を探していました。
当時はHTMLとCSSが少し書ける程度だったのですが、ajikeの社員は早い段階で実務経験を積むことができるという点に惹かれ、入社を決めました。
実戦の中で経験を積むことができるため、スピード感を持って成長できる環境かと思います。

Q. 現在はどのような仕事を
 
担当されていますか。

Web接客ツールの管理画面におけるフロントエンド実装を担当しています。
比較的規模の大きいプロジェクトで開発者が複数人いるのですが、フロントエンドを専門としているエンジニアは自分のみなので責任とやりがいを感じながら日々開発しています。
また、意欲と自分自身の努力さえあればフロントエンド以外の実装や経験も積める環境のため、自分は以前から興味のあったRuby On RailsやDB周辺の調査・開発なども経験することができています。

Q. ajikeの魅力を教えてください。

良い意味で形式張っていない点、だと思います。
ajikeのエンジニアは、全員が異なる得意分野を持っています。
中にはUIやデザイン面に特化したエンジニアや、フルスタックを目指すエンジニアなどおりますが、それぞれのキャリアパスに必要となる経験が幅広く用意されていると感じます。
個人が積極的に希望することで様々な経験を積める環境がajikeにはあると思います。

Q. 仕事で大切にしている考え方を
 
教えてください。

「少し背伸びして挑戦する」という点を意識しています。
日々の開発の中で「すべきこと」を全うするだけでも評価に値することかと思いますが、エンジニアという職業柄常に勉強や挑戦の姿勢が必要だと感じています。
個人的には新しい領域に飛び込むのは勇気がいることなのですが、日々の中で「少し挑戦してみる」という姿勢を持つよう努力しています。
例えば自分はフロント・バックエンドという垣根を持たないエンジニアを目指しているのですが、苦手意識のあるバックエンドの実装も少しずつ挑戦するようしています。

Q. 最近興味がある技術、
 
やってみたい仕事はなんですか。

最近はRuby On Railsに興味があり個人的に学習しています。これまでの経験上、MVCという概念に触れる機会がなかったので新鮮です。
また、フロントエンドではVue.js以外のフレームワーク、例えばReactなど興味があります。
仕事としてはLPの実装といったスタティックな開発ではなく、Webサービスの開発を引き続きやってみたいと考えています。

Q. 今後どのようなエンジニアに
 
なりたいと考えていますか。

フロントエンド・バックエンドといった垣根を持たないオールラウンドなエンジニアを目指しています。
日々技術的進歩が速い世界ですが、取り残されることなく食らいついていければと思います。
また、将来的には前線から退いて、エンジニアが快適に開発できるようにサポートできる人間になれればと考えています。
今はそのために現場で一生懸命働いてエンジニアに理解のある人間として成長できればと思っています。

Member’s voice

それぞれが異なる強みを持つ
アジケエンジニアの声

アジケのエンジニアは多様多彩。
それぞれの得意分野や関心分野を活かしながら
自分ならではの役割やキャリアを
見出しながら仕事をしています。

アジケでは事業を牽引する
エンジニアを募集しています。

ENTRY

アジケのエンジニアと
少し話してみたい方はこちら

Let’s have a chat

Skypeまたは面談

PAGE
TOP