Member’s voice

エンジニア目線の
アイデアで
より良いUIを追求する

エンジニア歴4年 フロントエンドエンジニア

Q. ajikeを選んだ理由を教えてください。

大学でUIに関する講義を受けたのがきっかけで、もともとUIについて興味がありました。
アジケはUXやUIを強みとする会社ということで、もっとUIについて学びたいという思いからアジケを選びました。
大学でプログラミングやWebについて勉強していたので、当時の自分のスキルを活かしながら働けると思ったのも理由の1つです。

Q. 現在はどのような仕事を
 
担当されていますか。

主にBtoC向けサービスのリニューアルプロジェクトでフロント実装を担当しています。
案件の傾向として、比較的大規模なサービスを担当することが多く、1つのプロジェクトを半年〜1年かけて担当することもあります。週に何回かクライアント先に常駐し、クライアントとコミュニケーションを密にとりながら進めています。
また、エンジニアだからといって実装部分だけを担当する訳ではなく、UXや情報設計から関わることもあります。

Q. ajikeの魅力を教えてください。

自分がやりたいことを尊重してくれて、チャレンジできる所が魅力だと思います。
私はUIについてもっと学びたいという気持ちがあったので、実際のプロジェクトでUXや情報設計から参加したり、デザイナーチームで行っているワークショプに参加させてもらったりしています。
自分の行動や提案次第で色々なことにチャレンジできる環境があるのでやりがいを持って仕事ができると思います。

Q. 仕事で大切にしている考え方を
 
教えてください。

「他人の視点になって考える」ことを大切にしています。
色々な場面がありますが、例えばクライアントから指示されたことをそのままやるのではなく、指示されたことの本質を考えてから行動する、CSSを書くときにどのようなクラス名をつけたら他の人が分かりやすいか考えてコーディングする、どのような文章なら相手に伝わりやすいか考える、などを心がけています。
自分視点だけでは良いものは作れないと思っているので、一呼吸おいて客観的な視点を持つことを意識するようにしています。

Q. 最近興味がある技術、
 
やってみたい仕事はなんですか。

自分が担当したプロジェクトのリニューアル後のサイト運用をやってみたいです。
今までのプロジェクトでは、一度リニューアルした後データを追い続けたり、更に改善したりということは無かったため、ヒートマップやGAでデータ見ながら課題を見つけ、A/Bテストなどで改善施策を小さく回すというのも面白そうだなと思っています。
特に自分が担当しているプロジェクトの多くがBtoC向けのサービスなので、ユーザーが想定通りの行動をしているのか、自分が実装した機能を使ってもらえているのかとても気になります。

Q. 今後どのようなエンジニアに
 
なりたいと考えていますか。

自分が持っているエンジニアの視点からUIの可能性を広げられるような存在になりたいと思っています。
プロジェクトでUIを考えるのは主にデザイナーやディレクターですが、エンジニアの視点が加わることで更に良いUIになるかもしれませんし、デザイナーやディレクターが思いつかなかったUIが導き出せるかもしれません。自分から良いUIを提案できるように、アニメーションの実装スキルを伸ばしたり、色々なサービスをみてUIについての知識をつけていきたいと思っています。

Member’s voice

それぞれが異なる強みを持つ
アジケエンジニアの声

アジケのエンジニアは多様多彩。
それぞれの得意分野や関心分野を活かしながら
自分ならではの役割やキャリアを
見出しながら仕事をしています。

アジケでは事業を牽引する
エンジニアを募集しています。

ENTRY

アジケのエンジニアと
少し話してみたい方はこちら

Let’s have a chat

Skypeまたは面談

PAGE
TOP