Member’s voice

価値を生み出せる
エンジニアになるために

エンジニア歴3年 WEBエンジニア

Q. ajikeを選んだ理由を教えてください。

ajikeで、価値を生み出せるエンジニアになれると感じたためです。
エンジニアとして働く上で、ただ言われたものや設計されたものを作れば良いとは思っておらず、自分で価値を生み出すことができるようにならなければいけないと感じていました。そんな時、当時のajikeの行動規範の1つ「ビジネスを作るクリエイターになる」という項目に共感し、入社を決めました。

Q. 現在はどのような仕事を
 
担当されていますか。

クライアント企業の開発チームに参画し、事業パートナーとしてサービス改善を行なっています。直近では Ruby on Rails 環境でのバックエンド開発やVue.jsを使用したフロントエンド開発を担当しています。
開発を担当しているといっても、ただ単に開発するのではなくチームメンバーやクライアントとコミュニケーションをとりながら課題に対する対応策を提案することが多いです。また、サービスの方向性や現在の状況を踏まえてサービス改善のための情報提供を行うこともあります。

Q. ajikeの魅力を教えてください。

ajikeでは「社内のメンバーは日々の業務で忙しいので新規事業を外部のパートナーと進めていきたい」「抜本的にサービスを見直したいのでお手伝いしてください」というお話をいただくことが多く、新しく事業を作る過程に携わることができたり、サービスの抜本改善という責任の大きな仕事を担当できることは魅力的に感じます。そもそも1つのサービスにおいて、立ち上げ時の開発は1回しかありませんし、抜本改善も数年に1回という頻度でしかないと思います。1つのサービスにおける大きな変化の機会に何度も携われることはとても貴重な経験だと思います。
また、それぞれご相談いただくサービスごとに開発環境や開発フローは全く異なるため、学べる機会が多いことも魅力の1つだと思います。

Q. 仕事で大切にしている考え方を
 
教えてください。

常に最大限のパフォーマンスを発揮すること、言い換えると『プロであること』を心がけています。
たとえば飲食店に行って同じメニューを注文した時、料理人の気分によって美味しい時と美味しくない時があったら少し残念ですよね。ある店には行きたくないと思いますが、我々の仕事は、飲食店のように短い時間ではなく、数年先まで残るものです。なので、常に『プロである』ために、日々自分の能力を高める努力をし続けること、常に最大限のパフォーマンスを出すことが大切だと思っています。

Q. 最近興味がある技術、
 
やってみたい仕事はなんですか。

個人的にはバーチャルリアリティに興味があります。
我々の生活は、だんだんと現実からインターネットに移行し始めていますが、今の状態だと、インターネットの中はまだまだ我々の生活を移行するには不十分で、個人を特定されずに意見を発することもできますし、二次元的にしか情報を捉えることはできません。バーチャルリアリティの技術が発達することで仮想現実がより現実に近くなると面白そうな気がします。

Q. 今後どのようなエンジニアに
 
なりたいと考えていますか。

価値を生み出せるエンジニアになりたいです。まだまだ、ビジネスにおいて自分が提供できる価値は少ないと感じています。事業のライフサイクルに合わせて様々な価値を提供できるように学び続けなければいけないと思います。

Member’s voice

それぞれが異なる強みを持つ
アジケエンジニアの声

アジケのエンジニアは多様多彩。
それぞれの得意分野や関心分野を活かしながら
自分ならではの役割やキャリアを
見出しながら仕事をしています。

アジケでは事業を牽引する
エンジニアを募集しています。

ENTRY

アジケのエンジニアと
少し話してみたい方はこちら

Let’s have a chat

Skypeまたは面談

PAGE
TOP