【株式会社アジケ/株式会社ソニックムーブ】事業の再構築を支援する「トリプルダイヤモンドプラン」を開始

2021.09.08 by ajike staff

UI/UXデザインに強みを持つ株式会社アジケ(本社:東京都目黒区 代表取締役:梅本周作、以下アジケ)と、デジタルテクノロジーに強みを持つ株式会社ソニックムーブ (本社:東京都新宿区、代表取締役:⼤塚祐⼰、以下ソニックムーブ)は、戦略領域で定義したデザインを、正確にサービスまで作り込む「トリプルダイヤモンドプラン」の提供を開始します。

 

「過去のサービスでは局所的な課題解決、限られた部分最適にとどまっており、成果に繋がらなかった」
「プロジェクトの初期段階で顧客や事業の課題を定義できない」
「課題を定義したものの、その構想をプロダクトに落とし込めない」
 

といった課題を解消するために、デザインとテクノロジーの各領域に圧倒的な実績を持つ両社が一貫した体制で支援します。
 
アジケは、顧客に対して持続的に価値を届けるための、サービス全体のデザインすることが主な役割です。初期段階からプロジェクトに参画し、お客さまと同じ目線で課題発見と解決策の全体設計、具体的なサービスのデザインを行います。
 

ソニックムーブは、事業を実現するために必要な要件定義とシステム構築や、運用開始後を見越したデータ蓄積、データ活用方針の策定など、テクノロジーの面での役割を全面的に担います。

お客さまのメリット

1. 事業で解くべき課題を一緒に見つけられる。課題の解像度があがる。
2. 解くべき課題を、設計/想定どおりにつくることができる。
3. システムで対応すべき項目は見えないところも含めて膨大。ただ、そこのケアも実績が豊富な企業が開発標準プロセスで対応するので、システムの品質が担保される。
4. ビジネスモデルや事業戦略レイヤーの策定・理解から、お客さまに届けるプロダクトの構築まで一気通貫で進めることができる。

課題解決へのアプローチ

新たな事業を始める際、アイデアやビジョンが先行し、実際の開発プロセスや運用体制、予算の考慮を後回しにしてしまったことでプロジェクトが頓挫するケースが多くあります。

その解決案として、問題を発見し、解決策を定義、事業、サービス化するまでの流れを断ち切ることなく一気通貫して進行することが必要です。

トリプルダイヤモンドとは、事業構築のプロセスを3つに分割し、選択肢の拡散・収束を繰り返しながら事業開発を進行する手法です。

 
1. 問題を見つける
2. 解決策を定義する
3. 事業、サービス化する

 

初期〜中期段階ではUXコンサルタント、UXデザイナーが中心になって進行。
 
中期〜後期段階では主担当を引き継ぎ、プロジェクトマネージャー、UIデザイナー、エンジニアが中心になって進行し、UXデザイナーからのフィードバックを受けながら高い精度のサービスへと導きます。
 
事業の初期段階からプロジェクトに参画することにより、ビジョンや提供価値の理解、共通認識の醸成に役立ち、チームビルディングに余計な時間をかけることなく開発・運営まで進行することが可能です。​

会社概要

株式会社アジケ

UXデザインの手法を用いて本質的な課題解決を提案するデザインカンパニーです。国内の大手企業やスタートアップ企業のパートナーとして、サービスの開発・改善を通して事業の成長に貢献。近年は、事業プロセスの再設計や、ビジネス戦略の策定など、顧客の事業を包括的にサポートする支援事業を強化。また、デザインの対象を「仕組み」に広げ、課題解決や価値創造が、局所的ではなく持続的に循環していくサイクルそのものの創出に取り組んでいます。

近年は、“アプリ×入浴剤の新しい入浴習慣”を提供する入浴ヘルスケアブランド「Onsen*」など、世の中の課題を解決するための自社事業の運営も複数行っています。

 

代表:代表取締役 梅本周作
URL:https://ajike.co.jp/

株式会社ソニックムーブ

ソニックムーブは「次を生み出すテクノロジーカンパニー」です。豊富なサービス開発・運用実績を生かして、いかにしてエンドユーザーに成功体験を与えるかという観点でもって、企業のDX戦略をあらゆるテクノロジーで多角的に支援しております。

 

代表:代表取締役社長CEO 大塚祐己
URL:https://www.sonicmoov.com/

本件に関するお問い合わせ先

https://forms.gle/CjgsGuUrMwVhauSq8

株式会社ソニックムーブ コーポレート企画室
株式会社アジケ 担当:吉田